INFUSIONの使い方



INFUSIONはどうやって使うの?

茶こし内蔵型ボトルのINFUSION。


なかなか見ないその形状により、



茶こし部分は一体どうなっているのか?


茶こしはボトル内で固定されるのか?


茶こしを付けた状態で飲めるのか?



といった疑問が湧くのではないのでしょうか。



今回はそのような疑問にお答えし、


簡単4ステップで誰でも簡単に使える


INFUSIONの使い方を紹介いたします!



結論からお答えします!

Q1. 茶こし部分の構造はどうなっていますか?


A1. 本体と蓋の2パーツからできています。


底・側面・蓋部分と細かい網目が全方面にあり、万遍なく茶葉等を煎じることができます。




Q2. 茶こしはボトル内で固定されますか?


A2. ボトル内で固定されます。


カチッと音がするまで茶こしをボトルに押し込んでください。


茶こしの取っ手を少し強く引っ張ると簡単に取り外せます。

 


Q3. 茶こしを付けた状態で飲めますか?


A3. 茶こしを付けた状態でも飲めます。


ボトルを傾けても固定位置で止まっています。



基本の簡単4ステップ

1.茶こしの蓋を開けて茶葉等をそのまま入れる。(写真左)


(※)元々ティーバッグに入っているものは、ティーバッグのまま茶こし内に入れても◎


2.茶こしの蓋を閉める。(写真右)



3.カチッと音がするまでボトルに茶こしを装着する。(写真左)


4.上からお湯を注いで完了!(写真右)


蓋を閉めてお好みのお茶の濃さになるまでお待ちください。


(※)お茶が濃くなりすぎないようにしたい場合は、途中で茶こしの取っ手部分を引っ張ると取り外せます。



利用者の声としては、



「何口か飲むと中身の水位が茶こしより低くなり、濃くなりすぎません。最後まで飲みきるまで茶こしは装着したまま使うことがほとんどです。」



という意見が多数挙がっています。



茶こしの使い方3パターン

1.茶こしを使う。


こちらは上記で説明したとおりです☆



2.茶こしの蓋部分のみを使う。


茶こしの蓋部分のみを使うことで、フィルターになります。



ボトル内に残しておきたいが、飲む時に口の中に入ってきてほしくないもの」は、茶こしの蓋部分のみをボトル内に取り付けてみてください。



フルーツ入りのデトックスウォーターや薬膳茶は、茶こしの蓋部分のみ使用することで写真映えにも◎



3.茶こしをあえて使わない。


コーヒーやスムージーといったボトル内で煎じる必要の無い飲み物は茶こしが不要になります。



茶こしをそもそも使わないという選択もできます!



また、コーヒーはドリッパーをボトルの飲み口に直接置いてドリップすることもできますよ。



まとめ

サステナブルボトルのINFUSIONは、茶こしが内蔵されていることが肝!



ボトル内でしっかり固定されるこの茶こしの使い方をマスターし、応用編も取り入れながらお使いくださいね。



INFUSION Japan


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示